マリオットボンヴォイポイントを変換し『ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート』に、ほぼ無料で宿泊してみた!

目次

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートとは?


万座ビーチリゾートTOP


沖縄屈指の景勝地・万座毛の対岸に建設され、
1983年6月17日に本格的なリゾートホテルとして開業しました。

当時、沖縄に大型リゾートホテルが無かった時代で、ANAホテルズとして開業し、マリンレジャーやプライベートビーチが珍しかったこともあり、連日大盛況で、沖縄のリゾートを広める先駆者的なホテルとして人気を集め続けているリゾートホテルだ。

以来、長きに渡り多くの観光客や地域の皆様に親しまれ続け、今年の2021年6月に38周年を迎えた。

そして、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートは、2009年4月にインターナショナルなラグジュアリーリゾートとして大規模なリニューアルを実施。

ロビーエリアから客室にいたるまで、海をイメージに白とブルーを基調としたモダンで爽やかなインテリアで統一しました。

インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツは、60年を超える歴史を通じ、
それぞれの土地ならではの魅力を知りつくした170のホテルを世界60か国以上に展開。

卓越しつつも控えめなサービスと、充実した施設はもちろんのこと、お客様の滞在を最高のひとときにしていただけるよう、心からの思いやりを示していることに定評がございます。

旅慣れたお客様にもスタッフが知るその土地ならではの魅力をご紹介し、
お客様一人一人が他では味わえない本物の体験を通じて、
お客様の人生に豊かで発見に満ちた滞在になるようお手伝いをします。

以上、公式ホームページより抜粋。

SPGアメックスなのに、なぜ今回ANAホテルに、ほぼ無料で宿泊出来たのか?


通常、SPGアメックスでは、マリオットボンヴォイポイント = SPG系のホテルをポイントで無料宿泊が可能です。

しかし、今回はANA系(IHGグループ)のホテルに宿泊をしました!

もちろん、そのままマリオットボンヴォイポイントでは、無理です。


そう、記事のタイトルにも書きましたが、

ポイントを変換する!

ことで、ANA系のホテルにも宿泊が出来てしまうんです!

また、以外にもやり方は簡単です。


簡単に説明すると、

マリオットボンヴォイポイント → マイル → ANA利用券にする!


と言うことです。

マリオットボンヴォイポイントからANAマイル(またはJALマイル)に変換出来ることはよく知られています。

もし分からない方は、こちらの記事で分かりやすく解説してますので、ご参考下さい。

spg-anaマイル移行SPG ボンヴォイポイントをANAマイルに移行してみた!実際の移行期間も紹介。


また、この記事を書くために、マリオットボンヴォイポイントをANAのマイルに換えたのですが、

マイルに換えてからは有効期限が発生してしまいます。

36か月(3年)経ってしまうと、マイルは失効してしまうのです(;^ω^)

3年あればどうせ使うでしょ。

と軽く考えてましたが、その後コロナ禍となってしまい。。。


マイル切れちゃう~~~(T_T)


と言うことになり、何かマイルを飛行機以外に活用出来ないか?


と、ANAのホームページをくまなく見ていたら。


『ANA利用券』


なる項目を発見!

これって、もしや、このANA利用券にしたら、ANAホテルズやIHGのホテルに宿泊した際、金券として使えるんじゃない?と思い、

念の為、ANAデスクに問い合わせしたところ、

利用出来ます!

とのお答えが~(*´▽`*)


さっそく、マイルから利用券に変換しました!

ana利用券



マイルから、ANA利用券に変換する方法は、こちらの記事で詳しく紹介してます。

是非ご参考下さい。

ANAホテルズTOPマリオットボンヴォイポイントでANAホテルズに泊まる方法!



今回、3万円分のマイルを、ANA利用券に対し、

沖縄県民のみが利用できる『ちゅらとく』と言うサイトで、

クラブラウンジ付き+夕食+朝食が付いて、

13時のアーリーイン & 13時のレイトアウト 24時間滞在プラン!

で 2名 3.4万と激安!


だったので、このプランで宿泊することにしました。


ANA利用券との差額¥4,000です。


ですので、実費¥4,000‐のみで、宿泊することが出来ました♪



なお、後から分かったのですが、IHGに無料入会し、IHGサイトから予約した場合、


部屋指定無しのクラブラウンジ&朝食付きのプランでしたら、

3万を切る価格であったので、


夕食は要らないという方には、こちらのプランが安くて良いかもです!

ご参考までに!


※なお、ちゅらとく経由の場合IHGのポイントや宿泊実績は貰えませんのでご注意を。


また、IHGのアンバサダープログラム(有料年間200USドル )に入れば、

16時チェックアウトが使えるので、

次からは、IHGアンバサダーになって更にお得に利用したいと思います。


また、その時もどれだけお得になるのか?

どんな利用をする人にメリットがあるのか?

をしっかり記事で紹介しますね(*’ω’*)


さぁ、それでは万座ビーチホテルのレビューに戻りたいと思います!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの行き方は?


行き方はすごい簡単です。

那覇から、ひたすら58号線を北上すれば着きます!

また、高速の場合、屋嘉ICから降りると一番近いです。

Google map

〒904-0493 沖縄県国頭郡恩納村字瀬良垣2260



ホテル、ビーチあわせて620台収容可能。

また、宿泊者の方は、どのプランでも基本バレーサービスが付いてます♪

那覇空港からのアクセスは?


タクシー・レンタカーご利用の場合

那覇空港より約80分。沖縄自動車道利用(屋嘉インター)で約50分。

空港リムジンバスご利用の場合

那覇空港国内線旅客ターミナルビルバス停より乗車し、ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート前下車。
約100分。
空港リムジンバス

沖縄エアポートシャトルご利用の場合

那覇空港国内線ターミナルバス停より乗車し、ナビービーチ前(恩納村コミュニティセンター)前下車。
約90分。沖縄エアポートシャトル詳細はこちら。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのエントランス


さぁ、ここがANA万インターコンチネンタル万座ビーチリゾートの入り口になります♪

来る前、大雨でしたが(;^ω^)

なんとか止みました(*´▽`*)

そして、敷地内に入ると、10月ながら、まだ蝉がミンミンと鳴いております♪

万座ビーチーエントランス



そして、これが、ホテルの外観です!

万座ビーチー外観

白い外観で、丸みを帯びた形です。

先ほども書きましたが、基本宿泊の場合、バレーサービスが付いてますので、

車を止めに行かなくて良いです!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのロビー


そして、中に入ってみましょう!

ロビーも、楕円形に囲まれた形で、

白を基調として、青い光などを取り入れ、海の中のサンゴをイメージしたデザインなのだそう(*’ω’*)

万座ビーチーロビー


このホール(天井)が吹き抜けなのは、シェラトン・サンマリーナにも似てますね!

サンマリーナは1987年開業なのに対し、万座ビーチリゾートは1984年なので、

こちらがやはり元祖です♪

店内なのに、パラソルがあるデザインも、オシャレです!

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート お部屋の種類


全399室あり、7種類のお部屋があります。

その内、4種類は、クラブラウンジ付きのお部屋なので、

万座ビーチリゾートがクラブラウンジに力を入れているのが良く分かります。



また、サンマリーナと同じ時期に開業しているので、

この時期に建てられた建物は、ほとんど部屋が狭めです。


ゆったりとしたよりも、経営的なものを重視されて作られている為です。

なので、ほとんどのホテルが、敷地内に別棟を建てて、

ゆったりとした部屋を作って対応しています。


万座ビーチリゾートも、既に38年ほど経っていて、ホテルの耐用年数が50年とのことで。

今後10年かけて、建て替えを計画しているようです。


新しく建て替えた場合、150室の宿泊棟、11室のヴィラ棟、75室のクラブルームの計3棟(236室)の建設を計画しているらしい。

こうなると、客室が半分位になってしまう(;^ω^)


現在は、結構リーズナブルな価格ですが。

建て替えが完了したら、間違いなく高くなる!


ことが容易に予想されるので、今がお得な時期だと思います。

参考までに!

詳しくはこちら、琉球新報さんの記事で紹介されてますのでご参考に

クラブインターコンチネンタルデラックスコーナースイート

万座ビーチリゾートで一番高級なお部屋です。

ローシーズン、2名利用で10万円位です。

万座ビーチーDXスイート

定員:3名 ベッド数:2 広さ:64㎡ 階数:8-9階

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのスイートはモダンで洗練されたインテリアデザインに落ち着いた色調。眼前には180度広がる圧巻のオーシャンビュー。
心も身体もリラックスできる最高級のクラブインターコンチネンタル デラックスコーナースイートです。


また、レイアウト的に、このDXコーナースイートでも、ユニットバス使用です(;^ω^)

立て替えたら、まずセパレートになることでしょう!

クラブインターコンチネンタルコーナースイート

万座ビーチリゾート2番目に高い部屋。

ホテル公式の画像を使わせて頂いておりますが、

デザインはこっちの方がカッコイイ!?

ただ階数が少し低くなるみたいです。

ローシーズン2名で8万円位です。

万座ビーチーコーナースイート

定員:3名 ベッド数:2 広さ:64㎡ 階数:6-7階


気品あふれるエレガントなインテリア。贅沢かつ機能的なデザインとレイアウト。
ラグジュアリーで快適なリゾートステイをお約束するANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのクラブインターコンチネンタル コーナースイートです。

クラブインターコンチネンタルコーナーテラスルーム

クラブラウンジ付きの角部屋。

DXコーナースイートと同じ、2面採光!

ただ、部屋の大きさは半分に。

ローシーズン 2名で5万円位です。

万座ビーチークラブコーナーテラス


定員:3名 ベッド数:2 広さ:32㎡ 階数:5-9階

ゆったりとした空間にモダンで上質なインテリアをあしらったANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのクラブインターコンチネンタル コーナーテラスルーム。
ワンランク上の洗練されたリゾートステイをお届けします。

クラブインターコンチネンタルルーム

ここが、万座ビーチリゾートでクラブラウンジ付きのお部屋で一番リーズナブルなお部屋。


先ほどの部屋と比べ、1面採光です。


価格は、ローシーズンで4万ちょっとです。

万座ビーチークラブコンチネンタル

定員:2-4名 ベッド数:2 広さ:32㎡ 階数:8-9階

ゆったりとしたANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのクラブインターコンチネンタルルームでラグジュアリーなひと時と上質の思い出を。
心地よいリゾートステイを楽しんでいただくために必要な設備、アメニティ、室内エンターテイメントを完備しています。

ハイフロアルーム

そして、クラブラウンジが付かない、通常のお部屋タイプです。


価格も2名で、2~3万と一気に安くなります!

万座ビーチーハイフロアルーム

定員:4名 ベッド数:2 広さ:32㎡ 階数:5-7階

スタイリッシュでコンテンポラリーな雰囲気が漂うANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのハイフロアルーム。スマートテレビや無料インターネットといったテクノロジーにも対応。
ステイ中、室内エンターテイメントを存分に楽しみたい方に。

スーペリアルーム

低階層3~4階のお部屋。

ハイフロアとほぼ値段は変わらない為、ハイフロアがおススメですね♪

万座ビーチースーペリアルーム

定員:4名 ベッド数:2 広さ:32㎡ 階数:3-4階

白とエメラルドブルーを基調にした爽やかな色調とスタイリッシュなインテリアが調和したANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのスーペリアルーム。
内部は広々としており、プライベートバルコニーから素晴らしい景観を一望できます。

パールオーシャンビュールーム


海があまり見えない、3階のお部屋。

多分、安いパッケージツアーとかで、予約が多い時、この部屋になるかもですね(;^ω^)

万座ビーチーオーシャンビュールーム

定員:4名 ベッド数:2 広さ:32㎡ 階数:3階

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのパーシャルオーシャンビュールームはコンテンポラリーでスタイリッシュなデザインとインテリア。
ルーム設備、アメニティ、室内エンターテイメントを活用し、居心地のよいリラックスしたリゾートステイをどうぞ。

クラブラウンジでチェックイン&ティータイム


今回は、クラブラウンジ付きのプランの為、

チェックインは、クラブラウンジ内となります。


こちらが、クラブラウンジの入り口となります。

万座ビーチークラブラウンジーエントランス


階数は、LB(ロビー)階となります。

以前、3年ほど前にも、利用したことがありますが、

その時は、9階(最上階)で、クラブラウンジも9階にあり、

全然違うので、わくわくです(*’ω’*)

万座ビーチークラブラウンジーエントランス2

こちらを進んで行きます。

万座ビーチークラブラウンジ入口ドア

そして、この扉を抜けるとクラブラウンジです。


最初は、スタッフが案内してくれますが、

チェックイン後は、ルームキーでの開錠が必要です。


それでは、中へ!

万座ビーチークラブラウンジ内

すごーい!


かなり広く、デザインも申し分なく綺麗♪

万座ビーチークラブラウンジ内2


席数もかなりあります。

万座ビーチークラブラウンジ全体



お好きな席を自由に利用可能です(*’ω’*)


いろいろクラブラウンジ利用しましたが、県内最大級です!

クラブラウンジのケーキセット


チェックインを済ませ、荷物は、スタッフの方がお部屋まで運んでくれ、

部屋に行く前に、そのまま、クラブラウンジでティータイムをすることにしました♪


そして、注文したホットコーヒーと、


ケーキセット!

万座ビーチークラブラウンジーケーキセット


これ、プチアフタヌーンティーですよね!


また、コロナ禍の影響もある為か、

ブッフェではなくて、

スタッフの方が、すべて持って来てくれますよ!


こちらが、ソフトドリンクのメニューです。

万座ビーチークラブラウンジティーメニュー



おススメは、搾りたてのフレッシュジュース!

ペリエとか、ミネラルウォーターは、ボトルで出てくるので、

余ったものは、お部屋に持って帰れます。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート『ハイフロアルーム』に宿泊



さぁ、それでは、今回宿泊するお部屋を紹介していきま~す!


最初の方にも書きましたが、今回はクラブラウンジ付きなんですが、

ちゅらとくを使っての特別プランです。


通常であれば、クラブラウンジ付きの場合、

『クラブインターコンチネンタル』と言うお部屋になり、

8階以上になりますが。


本日は、特別プランなので、7階の『ハイフロアルーム』に宿泊で、

クラブフロアが使えると言うプランです。


さぁ、今回宿泊の 714号室です。


どうぞ!

万座ビーチーハイフロア入口


お部屋もシンプルで、白が基調。


中に入ってみましょう♪

『ハイフロアルーム』のベッド


セミダブルタイプのベッドが2つ。

万座ビーチーハイフロアベッド


土台も高めなので、よいしょっと乗る感じになります!


寝心地もまずまずです♪

『ハイフロアルーム』のUSEN


ベッドの間に、フロントに繋がる電話と、USENらしきものが!

AM、FM、BGM があり、BGMはジャズが流れて来ました。

今、あまり無いと思うので、JAZZチャンネルを堪能しました(*’ω’*)

万座ビーチーハイフロアーUSEN



『ハイフロアルーム』からの景色


さぁ、そして、お待ちかね!

今回の『ハイフロアルーム』からの眺望をご紹介しましょう!!


まずは、このレースの状態から。


少し、海がチラ見してます(#^.^#)


万座ビーチーハイフロア眺望1


さぁ、オーーープン!



ひゅー♪

万座ビーチーハイフロア眺望2


と、言いつつ、白いビーチはありません(;^ω^)


どうやら、泳げる万座ビーチとは反対側(裏側)になったようです!


しか~し、奥には伊江島が望めます♪

 ※左奥の突起です。

万座ビーチーハイフロア眺望3


さぁ、それではテラス部分に出てみましょう!


こちらです!

万座ビーチーハイフロア眺望4


アクア・ルーチェ・チャペルが見えます(*’ω’*)

そして、奥にホテルがありますが、あれは、


ハイアットリージェンシー瀬良垣ホテルです!


実は、ここも開業してすぐ宿泊に行きましたが、

まだその時は、ブログ書いていなかった時期なので、

データが無く書けませんが、良いホテルです。


また、泊まりに行くと思うのでレポートしますね♪


ホテルのデザインも良く、食事が美味しいです!




あっ、そして、この万座ビーチのチャペルですが、


中は、一面ガラス張りで、海が見えるそうです。


こんな感じ♪

アクア・ルーチェ・チャペルー万座ビーチ


すご!


夢の中のようですね(*’ω’*)



では、ワイドに撮影出来るパノラマ写真を撮りましたので、


ご覧下さい!

万座ビーチーハイフロア眺望ワイド


こんな感じに、テラスからは、見えます。



また、この方角は、ちょうど北向きです。


朝日や夕日もちょうど見切れて見えません。


逆に、住むなら暑くなく最高だと思いました(*’ω’*)


『ハイフロアルーム』のバス・トイレ


そして、トイレです。

万座ビーチーハイフロアートイレ


普通です。


また、先ほどお部屋の種類でも書きましたが、

全室ユニットバスタイプなので、どこも、同じ感じになります。



バスは、こんなです。

万座ビーチーハイフロアーバス

広さは、しっかりあります。


そして、ブラインドを開けると、



こんな感じです!

万座ビーチーハイフロアーバス眺望

逆光となり、上手く撮れてませんが、明るくて良いです。


ちなみに、どのプランでも、宿泊者は大浴場が無料で使えるので、

大浴場をメインに考えると、バス部分はプールや海から上がった時のシャワー位なので、

これでも問題はありません。


ブラインドは、お部屋側から開く使用です。


友達同士の時は、覗いちゃやーよ(*´▽`*)


『ハイフロアルーム』のアメニティー


アメニティーです!

日本国内のインターコンチネンタルホテルで使われている

『AGRARIA』

です。

万座ビーチーハイフロアーアメニティー


AGRARIA(アグラリア)は、世界各地から選りすぐられた天然の植物成分をブレンドした上質なフレグランス・ブランドで、1970年代にサンフランシスコで初めてブティックを開店して以来、40年以上にわたって世界のファッションをリードするトップデザイナーや有名人をはじめとする多くのファンに愛され、サックス・フィフス・アベニュー、バーグドルフ・グッドマン、ハロッズといった世界の高級百貨店などで販売されているようです。


個人的な感想としては、レモンフレーバーがとても、爽やかで、すっと伸びるので、使いやすいです。


なかなかいいですね♪

『ハイフロアルーム』の洗面台



こちらが、洗面台です。

万座ビーチーハイフロア洗面台


ここは、新しくリフォームされていて、綺麗です。

大きくはないけど、オシャレです(*’ω’*)


左側の木の箱を開けてみると、

万座ビーチーハイフロアーアメニティー3


歯ブラシ等々、いろいろ入ってました!

『ハイフロアルーム』の冷蔵庫



冷蔵庫です。

万座ビーチーハイフロア冷蔵庫



シンプルな1つ扉の冷蔵庫。


今回、クラブラウンジ付きなので、使う機会もありませんでした。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのプール


では、では、お部屋を出て、

プールへと行ってみましょう(*´▽`*)


LB(ロビー)階より下の1階に降りて行きます。

万座ビーチーロビー階段

1階には、オーシャン・カフェという、飲食スペースがあります。


ここを抜けて行き、

万座ビーチープール入口1

外へ出ます!

万座ビーチープール入口2


もう、プールです(*’ω’*)


さっきまで、大雨でしたので(;^ω^)

下は濡れていますが、天気は回復して良かった!


逆に暑過ぎず良い感じ♪


プールサイドのパラソル&チェアーも、自由に使えます。

万座ビーチープール浮き輪


今回も、以前ハレクラニ沖縄に宿泊した時に貰った、ジュートバッグに、

スティック状の浮き輪を持って来ました。


ハレクラニ沖縄、参考にされる方はこちら

『番外編宿泊記』ハレクラニ沖縄に泊まってみた!

また、このスティック状の浮き輪は、クラブアット・ブセナに宿泊した時、

無料で使えて、とても良かったので、ネットで探し購入しました。





クラブアット・ブセナの記事を見てみたい方はこちら

クラブアットブセナ『番外編宿泊記』ザ・テラスクラブ アット ブセナに泊まってみた!



プールは、現在18時までの営業でした。

万座ビーチープール案内


また、プールで泳いでいたら、何やら見えます。


何だろうと、よく見てみると、

万座ビーチービーチへの道12



カニさ~ん!


何故プールに?

万座ビーチープールにカニ2

海と間違って入って来てしまったのか?


レアな体験をしました(*´▽`*)

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートのビーチ



さぁ、それでは、プールからビーチへと行ってみましょう!


プールの奥の部分へ行きます。

万座ビーチービーチへの道1


こちらのシャワーを目印に抜けて行きます。

万座ビーチービーチへの道2


このように案内看板もありますので、安心して下さい(*’ω’*)

万座ビーチービーチへの道3



進みます。

万座ビーチービーチへの道4



道幅は、反対側から来ても、すれ違える位の幅はありますが、狭めです。

万座ビーチービーチへの道5


ちょっと、ビーチが見えて来ましたね。

万座ビーチービーチへの道6


と、思いきや、再び木。

万座ビーチービーチへの道7


なかなか生い茂ってます。

散策してる位の気分になります。

万座ビーチービーチへの道8



再びビーチが。

万座ビーチービーチへの道9


と、ここで、ショートカットゾーンを発見!


降りられるようなので降ります。


一応、まだ道は続いてはいましたが。

万座ビーチービーチへの道10


テンションが上がります(*’ω’*)

万座ビーチービーチへの道11


そして、


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

万座ビーチービーチへの道12


ようやく、ビーチエリアに到着!


こちらは、一応宿泊者以外にも使えるようです。


その場合、パラソルなどは有料になるかと思いますが。



引きでみるとこんな感じです!

万座ビーチー海からの眺望



また、万座ビーチは、プライベートビーチという括りの中では、

間違いなく、一番深いです!

自分が入った時には、少し引いてたので、その時も3m位。

だんだん満ちてきた時には、5m位はあるように感じるほどです。


泳げる範囲の先まで行くと、一気に寒くなり、怖い感じがしたので、

ほどほどの範囲で泳ぎました。


今回はゴーグルだけしか持って来ていませんでしたが、

シュノーケルのフィン無しは使えるらしく、それであれば、


もっと楽にプカプカと水中観察できるので、

そうしたいと思いました!


大人でもかなり深いので、小さなお子様は、ご注意を。


また、80㎝ほどのタマン。

タマンー海の中



そして、1mはあるヤガラがいました!


いっぱい魚が見えました。( たまたまかもしれませんが(;^ω^) )


こんなに深くて魚が見えるなら、シュノーケルツアーとかしなくても、

ここで充分なレベル!


と私は思いましたよ~♪


個人的にですが。



そして、充分堪能し、帰ろうとしたら、


道が無くなってる~(;^ω^)

万座ビーチー満潮で行けない


別ルートで帰ることにしました。


一応、シャトルバスも言えばあるらしいのですが、微妙な距離なので。


歩いて帰りました。

クラブラウンジでのカクテルタイム


17:30からはカクテルタイムです!

この時間から、アルコールが提供されるので、

フリーフロー(飲み放題)となります(*’ω’*)

メニューがこちらっ!

万座ビーチークラブラウンジーカクテルメニュー


時間が、16:00 ~とありますが、

16:00 ~ 17:30 までは、お子様連れのファミリーを優先するとのことだったので、


17:30 より入りました。


また、いろんな制限が無くなれば、時間帯も変わるかもなので、

その時、ホテルにご確認下さい。




メニューも、ビール、ワイン、カクテルなどいろいろありますが、

日本酒まで、入ってます!


沖縄県内では、初です♪




そして、すごいのが、



なんとっ、シャンパン入ってる~(*´▽`*)


すごっ!


今まで、スパークリングがほとんどでしたが、


クラブラウンジのフリーフローで、ちゃんとシャンパンが入っていたのは、

クラブアット・ブセナだけでした!



こちらです!


じゃん!

万座ビーチーカクテルタイム



ちなみに、シャンパンの銘柄を聞いてみたところ、


G.H.MUMM(マム)です(^_^)/


マムと言えば、2000年~2015年のF1で表彰台で、振舞われるシャンパンとして有名です!

普通に買っても、4~5千円はします!

それが飲み放題なんて凄すぎる!


そして、やっぱり美味い♪


1本位飲みました(;^ω^)

普通にホテルのレストランやBARで飲んだら、1本で2万位するので。


これだけでも、超お得!


クラブアットでも、マムは出ないで。

県内最強!


おそらく、立て替えてコストかかったら、


マムでは無くなる可能性もあるので、

今おススメです(*´▽`*)

また、オードブルは、ラムの香草焼き、かぼちゃの豆腐、エビとアボカドのサラダなどでした。

ANAコンチネンタル万座ビーチリゾートのレストラン


今回、緊急事態宣言ではありませんが、

まだコロナ禍ということで、

ほとんどのレストランはクローズしており、

オールデイダイニング『アクアベル』での食事となりました。

前回は、和食や中華とかいろいろ選べました。


その他のレストランについては、公式ホームページをどうぞ



そして、こちらが、 アクアベルです!

万座ビーチーアクアベル


ディナー


今回、記念日の利用と言うことで、スパークリングワインのサービスを頂きました♪

万座ビーチーディナーースパーク



また、今回ブッフェでは無く、セットメニュー(コース)となるので、

一品づつ出して頂きました!

各コースを1つづつ選択。

万座ビーチーディナーメニュー


前菜です。

万座ビーチーディナー前菜

野菜のポタージュ。

万座ビーチーディナースープ


そして、この後ですが。


飲み過ぎてしまい(^^;



レストランで眠ってしまいした(^^;


気を効かせたスタッフが、その後、ルームサービスで運んでくれました。

万座ビーチールームサービス


今回、営業時間の短縮で、一気に飲んでしまい。。


すみません。


スタッフのホスピタリティーに感謝です(*’ω’*)


朝食(クラブフロア)


さぁ、そして、朝食です!

セミブッフェスタイルとなります。

ブッフェ台には、瓶に入ったドリンクや、

万座ビーチー朝食ドリンク


サラダ、パン、ヨーグルトなど、いろいろあります。

万座ビーチークラブラウンジ朝食ブッフェ



また、基本的にメインは、こちらの中から選びます。

万座ビーチークラブラウンジ朝食メニュー

この中から2個、とかでは無く!

何個頼んでもOK‼

すごい!

さっそく、エッグベネディクトと沖縄そばを。

万座ビーチークラブラウンジ朝食そば

エッグベネディクトのソースが絶品でした。

ちなみに、エッグロワイヤルは、ベーコンがサーモンに変わるそうです。


また、もうちょっと食べれると思い、サーワードウと言うのをオーダー!

万座ビーチークラブラウンジ朝食サワードウ

きのことお野菜のサラダにトーストしたパンに乗っけて食べるお料理。

さっぱりして美味しい!


ちなみに、沖縄の長寿弁当と言うメニューがありますが。

これは、すごいボリュームでした。

お重のようなしっかりしたお弁当で、これを頼むと、他は入らないかもです(;^ω^)


参考までに。

ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの雰囲気(動画)


ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートの雰囲気が分かる動画がありました。


是非ご参考下さい



ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾートはこんな方におススメ!


万座イメージS


万座ビーチホテルは、カップルでも、ファミリーでも、友人同士でも幅広く楽しめます♪

ただ、お部屋は、正直大きくは無いです。

しかし、それを補う、大浴場やプール、ビーチが充実し、

何より、クラブラウンジが素晴らしい!


クラブラウンジとしては、間違いなく県内TOPクラスです!


ほとんどお部屋にいない想定だと充分です。


そういう意味では、広いお部屋でゆっくりとお部屋を楽しみたいという方には、向いてないかと思います。

ただ、そういった方も10年後には、フルリノベーションで、お部屋も間違いなく大きくなることでしょう。

しかし、こんなにリーズナブルな価格で、最大級かつ最上級のクラブラウンジを利用できるのは、


大満足です!



個人的に、おススメプランは、IHGアンバサダーになって、IHGから直接予約の、

部屋指定無しプランのクラブラウンジ付き(夕食無し)にすれば、

2名で3万以下で泊まれ(ローシーズン)、16時チェックアウトできる+お部屋もUPグレードになるので、最高かと思いました!



建て替えするまでは、このプランで年1回以上は泊まりたいと心底思いました(*’ω’*)

また、違うお部屋に泊まったらレビューしますね♪


建て替えた時も是非、どれ位変わったかもレビューしますよ!


SPGアメックスを持っていれば、世界中のマリオットホテルやリッツカールトンに無料宿泊が出来る!


マリオットホテルなど、SPGアメックスを持っていれば、

ポイントで世界中の6,000を超えるホテルに、

ポイントを使って、宿泊が可能です!

また、年会費はかかりますが、特典として、

1泊2日まで無料宿泊ができます♪

詳しくはこちらの記事に書いておりますので、

是非ご覧下さいませ。

SPGアメックス 期間限定キャンペーンで75,000P越え!を徹底解説